パスポート申請とは

旅券(パスポート)は、外国であなたの国籍や身分をpaper writing service証明するとても重要な公文書です。

申請から受取りまで一定の手続きが必要です。

紛失や盗難にあうと犯罪に利用される恐れがあるので、大切に保管してください。


~新規でパスポートを申請するとき~

各都道府県のパスポートセンターに申請できるのは、その都道府県に住民票がある方が原則です。

当パスポート申請センター福岡では、福岡県内に住民票がある方が対象になります。

ただし、その都道府県に住所がなくても一定の方(学生・長期出張者・単身赴任者など)で福岡県内に一時的に居住している方は、例外的に住民票がなくても、申請できる場合があります(居所申請)。

その際は、代行申請できませんので、ご注意ください。

□未成年者のパスポート申請

未成年者が新規でパスポート申請するときは、法定代理人(父母等)の署名が必要です。

未成年者とは満20歳以上の者をいいますが、20歳未満でも婚姻している場合には成年者とみなされます。

未成年者は、5年間パスポートしか申請できません。

*海外に行く場合には、年齢関係なく、乳幼児でもパスポートが必要です。

□パスポート申請から受け取りまでの日数

パスポートは申請してから、受領まで約6日間かかります。
(ただし、土日祝日・年末年始12月29日~1月3日は含まれません)

・福岡県パスポートセンター・北九州パスポートセンターは、申請日を含めて6営業日からの受取。
・久留米パスポートセンターと飯塚パスポートセンターは、申請日を含めて8営業日からの受取。

□パスポートの受取り

パスポートの受取りは本人のみです。代理人による受領はできません。

パスポートを受取ることができる窓口は、申請した窓口になります。

受取りには、パスポート申請した際に交付される「旅券引換書」と手数料が必要になります。

発行から6カ月間受取らないと、失効しますのでご注意ください。
*失効してしまった場合には、その後代custom writing理人によって申請できなくなります。


~有効なパスポートを持っている方~

パスポートの有効期間が1年未満となった場合には、切替申請をすることにより、いわゆる期間の更新をすることができます。

パスポートの査証欄を追加することも可能です。

また、パスポートが損傷した場合にも、現在のパスポートを返納して新たなパスポートの発給を受けることができます

パスポートの記載内容に変更があった場合には、有効期間を変えずに変更する申請をすることができます。
(パスポートの氏名、本籍の都道府県名が変更)


相談無料0946-21-2310お問い合わせ

このページの先頭へ