パスポート申請用写真の規格

写真(6ヶ月以内に撮影したもの)

  • 裏面に氏名を記入し、申請書に貼らないでください。
  • この写真がパスポートに転写されますので、規格にあわないものやふさわしくないものは、撮り直していただく場合があります。

※出来るだけ専門の写真店等で「パスポート用」と指定してください。

パスポート申請用の写真

パスポート写真

写真の規格は上記写真のとおりです。

  1. 縁なしで縦45mm、横35mm
  2. 顔の寸法は頭頂(髪を含む)から顎下まで34mm±2mm
  3. 頭の上の余白は4mm±2mm
  4. 無帽で正面を向いたもので背景、影のないもの
  5. カラー、白黒どちらでも可能

旅券にふさわしくない写真

  • 不鮮明なもの、画像が粗いもの
  • メガネのレンズに光りが反射したもの
  • 白黒写真で白すぎるもの
  • 前髪や眼鏡のフレームが目にかかって、目元がみえないもの
  • サングラスや濃い色のレンズをかけて人物を特定できないもの
  • カラーコンタクトレンズを着用したもの、フラッシュなどで瞳が赤く写ったもの
  • 顔の器官(目や口、鼻、耳など)が隠れる装飾品等があるもの
  • 表情が平常と著しく異なるもの(笑っていたり、必要以上に歯が見えているものなど)
  • 頭髪や肌、着衣と背景が同一色で区別がつかないもの
  • 写真専用紙以外の用紙に印刷したもの
  • 顔が縦や横に圧縮拡大されるなど、変形したもの
  • その他、容易に人物が特定できないもの

詳しい写真の規格はこちらをご覧ください

パスポート申請用写真の規格について(外務省)
瞳の輪郭を強調するコンタクトレンズを装着している方へのご注意

このページの先頭へ